« 駒込駅近く「霜降銀座」 | トップページ | 昔ながらの元気な商店街 中野「川島商店街」 »

上野「アメ横」は、毎日お祭り!?

Photo
アメ横って安いんですね~。
先日、上野動物園に行った帰りに寄りました。アメ横に行くのは、もうかれこれ10年ぶりくらい。
それに想像通りの人・人・人・人・人・人・人・・・・・・・の波sweat01sweat01
上野という場所柄か、それとも歴史的にそうなのか、すごくエネルギーを感じました。叩き売りっていう表現はアメ横のためにあるんじゃなかろうかと。庶民的ではあるのですが、生活感とはまた違う感じ、なんていうか・・・・お祭りみたいですね。年末ってこともあるかも知れませんが、毎日、お祭りをやっている商店街っていうんでしょうか。

我が娘は、「人にあたるから早く帰ろう」とグチってましたが・・・。
アメ横名物の「ニューフルーツ」でカットしたパイナップル(100円)を買ってあげて機嫌回復。
なんでもこのお店は昭和25年からフルーツを販売しているようで、名物は店頭で販売されているパインやメロンなどのカットフルーツ。みんな立ち止まって買い求めていました。
Photo_2

定価無し!激安の魚屋さん「鮮魚 あらい」
Photo_3
伊右衛門が驚いたのがこの魚屋さん。この向かいにも魚屋があるのですが、お互いに値段を競い合っているようで、実に安かった。
太刀魚が12匹で1000円、メバル(正確には黒ソイ?)が3匹で380円、さんまが8匹で300円、車海老が17匹で1000円・・・・。
Photo_4
魚屋にはうるさい伊右衛門だが、この価格は破格と言わざるを得ない。伊右衛門家の近所の魚屋さんでこれやったら、まさにお祭りですね。
自分でバラす面倒くささはあるものの、太刀魚なんか切り身にして冷凍しておけば半年や1年くらいは食べられるんじゃないだろうか。
それと驚いたのは、マグロ!!
8000円と値札のついた大トロ(冷凍)が、なんと1500円まで値下げ。それもインドマグロ(らしい)。
さすがにここまで下げられると多少どころではない胡散臭さを感じたが、こういうものは経験してみないと分からないので購入。お祭りだし。
さらに2500円の中トロも500円でいいという。
もともと定価っていうものが存在しないんでしょうね。
結局、2000円で(自称)インドマグロの大トロと中トロをゲットbell
ちなみに大トロは量が多かったけど、中トロは上げ底になっていて若干不快感。
Photo_5
ラップでよく見えませんが、これが定価8000円の大トロ。冷凍だから脂がのっているように見えるのかも知れません・・。

マグロの味は・・・・
肝心の味ですが・・・。まだ中トロしか食べていませんが、いつも買っている魚屋さんのマグロのほうがおいしかったですね。
刺身で食べるにはあまりに味が水っぽくて辛かったので、漬丼にしました。
Photo_6
ただ、上げ底とはいえ、それなりに量はあるので500円なら、まぁ良しとしますか。
定価では買えないですけどね~。あれで2500円はありえないと思いました。
大トロは正月に食べようと思いますが、またいつかレポートしますね。
マグロは比較的当たり外れがあるので、行きつけの魚屋さんがあるならわざわざアメ横まで行く必要はないかも知れません。その他の魚とか海老などについては、確かに安いと思いますので、オススメですscissors

これはまた別の魚屋さん。かつおが2本で500円って見えますか?
Photo_8

Photo_7
これは、アメ横のビルに反射した電車。本物と見間違うほどキレイでした。

|

« 駒込駅近く「霜降銀座」 | トップページ | 昔ながらの元気な商店街 中野「川島商店街」 »

商店街」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117125/26074672

この記事へのトラックバック一覧です: 上野「アメ横」は、毎日お祭り!?:

« 駒込駅近く「霜降銀座」 | トップページ | 昔ながらの元気な商店街 中野「川島商店街」 »