« 「あんぱちや」の謎 | トップページ | 真冬のサクランボ »

アメ横のインドマグロは今流行りの食品偽装か?

正月に、アメ横で買ってきた大トロを食べた。
アメ横での買い物記録はこちら
鮮魚あらいでインドマグロの大トロが、定価8000円→1500円といわれたので、多少どころではないきな臭さを感じながら買ったのだが・・・。
同時に買った中トロについては、前回の記事で評した通り。

アメ横で購入した激安インドマグロ「大トロ」の味は?
Photo
結論から言うと、インドマグロではありません。少なくとも、伊右衛門の舌にはインドマグロとは感じられませんでした。普段は、近所の魚屋さんでインドマグロの刺身を買うことが多いのですが、その味と比べると・・・。インドマグロ特有の濃厚な味な深みはまったくないし、大トロだと称するほど脂もないし。それになんと言っても耐えられなかったのが、匂いがきつかった。鼻につく生臭さというか、2、3切れ食べて、残りは捨ててしまいました。
あぁぁぁ、高い買い物だったなぁ・・・。
定価で買わなくてよかったなぁ・・・・。
で、伊右衛門が想像するにあれはメバチマグロですね。過去にはおいしいメバチも食べたことはあるので、別に、メバチマグロが悪いといっているわけではないのですが、インドマグロというからにはそれなりの味のマグロを売ってもらいたいものです。あれでは今流行りの「偽装」ですね。
たまたま伊右衛門が買ったマグロがそうだったのかもしれませんが。

地域密着商店街ではなく観光地としての「商店街」
Photo_2
アメ横や築地のように、プロの料理人や魚屋などが買いに来るプロの“市場”の場合、我々素人は“だまされ”やすいのだとは思います。その結果、地域密着で生活感のある「商店街」(アメ横は商店街とは異なりますが)でなく、観光地として生き残り、今のような形態になってきたのではないでしょうか(ちなみに、地域密着の商店街を観光地化した例としては谷中~根津があると思っています)。場所柄、地域住民が少ないのでしょうがないかもしれませんが。
観光地であるため、商人と買い物客との結び付きは一時のものであり、また、観光客の多さや独特の煩雑感を売り物にしているため、ある程度の“だまされ”も観光資源となっているのだと思います。だから、食品偽装として決め付けるのは尚早な意見だと思いますが。それを含めて「アメ横」ということでしょう。

でも、そもそも8000円が1500円ってありえないでしょうって。でも、1人の客としては不満足です。
もちろん、彼らにしてみれば普段の生活の延長上で買い物に来られては、メインのプロ向け業務に支障をきたすことになるので、今みたいな付き合い方がベストなのかもしれませんが・・・。

ただ、マグロ以外の魚は安いのでオススメですよ、アメ横。あとは、海苔とか。
でも、やっぱり地域に根ざした商店街のほうに、普段の買い物では軍配が上がりますね。

|

« 「あんぱちや」の謎 | トップページ | 真冬のサクランボ »

商店街」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117125/27016355

この記事へのトラックバック一覧です: アメ横のインドマグロは今流行りの食品偽装か?:

« 「あんぱちや」の謎 | トップページ | 真冬のサクランボ »