グルメ

“菌”が作り出す日本の芸術~日本酒が目指した到達点

和歌山の幻の日本酒「龍神丸」を飲んだ。

週刊イブニングで連載中で、テレビアニメにもなった「もやしもん」。「菌」の存在を肉眼で見ることができるという不思議な能力をもつ主人公・沢木惣右衛門直保が農大に入学して、“右往左往”する物語で、手塚治虫賞の大賞も受賞している漫画だ。1_2
その中心テーマは、我々の生活における菌の重要性や役割。例えば、日本は発酵文化と呼ばれるほど、発酵食品が日常生活にあふれている。醤油、味噌、納豆、そして日本酒・・・・。そのすべてが「菌」による発酵の結果生まれたもので、味わいや香り、芳醇さ、炭酸のシュワシュワまで、すべて菌の活動によってもたらされている。ちなみにもやしもんとは種麹屋のことを指す。
当然、物語の中でも、様々な発酵食品が紹介される。世界で一番臭い発酵食品といわれるスウェーデンの「シュールストレミング」(ニシンを塩漬けにして、缶の中で発酵させた漬物の一種。缶詰の中でも発酵が進んでいるため、航空機内への持込は禁止。気圧変化による破裂の恐れから)やエスキモーの「キビヤック」(アザラシの腹の中に海鳥を詰め込み、発酵されてドロドロになった海鳥をすするように食べる)など。

日本酒のイメージを覆してくれる絶品の日本酒
そして、第二巻で幻の日本酒として紹介されているのが、「龍神丸」だ。漫画で紹介されてから人気に火がつき、入手が非常に困難になっているが、今年も何とか3本ほど手に入れた。大吟醸と純米吟醸と吟醸の3種類だ。和歌山の高垣酒造が、和歌山酵母という特殊な酵母と高野街道筋に千数百年前に発見された「空海水」を使って“醸した(かもした)”日本酒で、無加水のそのまんま瓶詰、低温貯蔵庫で瓶囲いした生原酒限定品だ。Photo
特に、大吟醸(精米歩合40%まで磨いた山田錦を100%使用)の味わいは格別だ。白ワインを思わせるフルーティーな香りと生酒ならではのしっかりとした味わい。加えてうっすらと緑がかったその透明感が視覚的に味わいを高めてくれる。
まずい日本酒(このまずいというのは味だけでなく、生産方法や流通・保存などの過程を含めてまずいという意味)によって、日本酒嫌いになっている人にはぜひオススメ。こういう日本酒が本来の日本酒だったともやしもんにも書かれているが、生産効率や保存性、流通都合などから味わいより“売りやすさ”を重視した日本酒が一般化された現在では、龍神丸をはじめとしたいわゆる“地酒”が一部のファンの間でしか共有されてないのは悲しい現実だ。日本酒党として私見も入ることは否定しないが、日本酒の味は非常に複雑で深く、科学的に言えば菌が発酵して作り出したアミノ酸や有機酸などの代謝物が深い味わいとなっている。蒸留酒のようなくっきり感はないが、様々な旨みと香りが味わい深さとすっきりさを両立した飲み口を実現している。日本の発酵文化と食文化のある種の到達点が、ここにあると思う。
今年の龍神丸の販売はほとんど終わっているが、和歌山のいくつかの特約店が通販でも売っているので、日本酒が好きな人も苦手な人も来年トライしてみてはどうだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

浅草「カツ吉」

先日、浅草に行った。
浅草に行くのは、もうかれこれ10年ぶりくらい。学生時代に入谷の友人と「染太郎」に行った以来だ。

300種類以上のオリジナルとんかつ

雷門から仲見世に入ってお参りし、六区のほうに抜けて・・・・と考えていたが、あまりの人の多さに断念。小学校入学前の子供2人を連れてでは、あの混雑は・・・。Photo
仲見世脇の道を通って、新仲見世通りに入りました。まずは腹ごしらえと思って、物色。
浅草中央通りで発見した「元祖味噌とんかつカツ吉」というオリジナルとんかつの店に入りました。
店の説明によると、日本で唯一のオリジナルとんかつを出して39年になるようで、メニューに載っているのは50種類。載っていないとんかつも含めると300種類以上に。
味噌以外にも、餃子とんかつ、納豆とんかつ、さらにチョコレートとんかつまでありました。
メニューにあわせて豚肉を変えたり、油の温度を変えているとのこと。Photo_2
しかも、この店のご主人は、自分の指を油の中に入れて、その温度を確かめることができるという。
油がハネただけでも熱くてたまらないのに、指をその中に入れるなんて・・・・。

定番は味噌とんかつ

で、頼んだメニューですが、やはり定番ということで私は味噌とんかつ(確か1250円?)、妻はチーズとんかつ(値段失念!)を。ご飯(250円)と味噌汁(200円)は別注文になるので、ご飯だけ注文。というのは、隣の人の味噌汁を見たけど、御椀も小さいし、あれで200円はちょっと高いんじゃ?と思いました。飲んでないので味は分かりませんが・・・。他のお客さんはほぼ全員両方頼んでいましたけど。
肝心のとんかつですが、撮影禁止なので写真はとっていないけど、名古屋の味噌カツのようなものを想像していた(写真)Photo_4 ので意外な感じ。どこにもあの黒い味噌はかかっていないし、しかも衣の色が薄い。キツネ色~やや濃色がとんかつの王道だと思うが、カツ吉のは肌色に近い。
食べ方は、「ソースはかけずにそのままガブり」がカツ吉流らしい。使っている味噌は白味噌だろうか。豚肉の甘味と味噌の甘味が口の中に広がり、普通のとんかつとはまるで違う食感、食味、風味が漂う。豚肉は薄めの肉を使っており、よく言えば上品な味わい、悪く言えばとんかつらしい豪快さとは無縁といえるだろう。
伊右衛門の個人的な意見を言わせてもらえば、おいしいこと   
は認めるが、コストパフォーマンスを考えると?と思える。
ただ、とんかつで300種類以上というそのアイデアには脱帽するばかり。普通のとんかつ、ヒレとかロースもあるみたいなので、機会があれば今度はそPhoto_3れに挑戦してみようかな。
なお、子連れには少し店内狭いけど、なんとかなるレベルです。
カツ“よし”なのかカツ“きち”なのかは?です。

場所はこの辺
東京都台東区浅草1丁目21−12
03-3841-2277

腹ごしらえの後は、浅草寺に戻って、六区、ホッピー通り、合羽橋と回って、帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)