商店街分析

長崎神社・例大祭~街路の幅が生み出す一体感~

Photo
我が家が毎年楽しみにしている椎名町・長崎神社の例大祭に今年も行ってきた。2009年は9月12日、13日の開催でした。
この時期は、椎名町の駅前から裏通り、そして長崎神社の中までぎっしりと屋台が出て、子供から大人まで、老若男女が集まり、熱気に包まれます。今年も色々なお祭りに出かけましたが、長崎神社のお祭りは密着感をすごく感じます。別の言い方をすれば、一体感というか。

街路の狭さを生かす商店街とお祭り
なんでかなぁと考えたけど、1つは道(路)の狭さにあるんじゃないかと思います。
商店街にもいえることですけど、街路の幅って重要です。通りを歩くだけで、両側のお店を把握できる方が買い物(商店街に来る主たる目的)には便利ですし、お店の比較もしやすい。片側通行しかできないと、「行って帰って」と二度手間になってしまいます。商店街での買い物は毎日のことなので、“買い物しやすさ”は地元の人たちにとって重要な要素です。お祭りにも同様のことがいえ、ほとんどのお祭りが神社の境内や参道に屋台を出すのも、こんな街路の幅を無意識的に感じているのかもしれません。
もちろんお祭りの盛り上がりは、地元住民や商店街の参加度合いが大きく左右します(街路の幅より重要な要素です)。お祭りは商店街にとって地域住民が参加する重要なイベントの1つです。街路の幅という恵まれた環境を生かしつつ、地域の参加をどのように促していくか?すべての地域に共通する“解”はありませんが、長崎神社は1つの事例として参考になるのではないでしょうか。

↓ちなみにこれは同日に開催された下落合氷川神社の例大祭。下落合4丁目の会場風景です。大雨でお祭りを楽しむ余裕はありませんでした・・・
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ノスタルジー×カオス」に見出す日本人の幸福論~立石商店街~

Photo
京成線の青砥から1つ目、立石に行ってきた。
8月15日の終戦記念日でお盆で土曜日ということもあり、ほとんどのお店はお休みだったが、戦後の闇市から発展してきたその商店街は、昭和の香りをプンプン感じることができた。
戦後の名残を残した各商店が、独特のノスタルジーを醸しだしている。大手のスーパーやコンビニに慣れ親しんだ目で見ると、そこには一種の懐かしいカオスがあり、昔の日本庶民が持っていた底知れぬパワーを感じることができる。テレビで東南アジアの露店を見るとカオスを感じる一方、現地の人たちの明るさや力強さが印象的だ。全体としてみるとそこには秩序や習慣が無意識的に形式化されており、それが地域の文化として魅力を発している。日本が忘れてしまった地域の人たちが作り出すこうした文化的な魅力が、立石の商店街の最大の特色といえそうだ。
Photo_2

歴史を体現することで得られる幸福論
寺山修司は、そのエッセイの中で、歴史という言葉の捉え方として、「過去は、ストーリーであり、未来だけがエクスペリエンスであり得る」と書いている。過去はお話に過ぎないが、未来は行動を通して実存性を獲得することができ、そこに幸福論の実体があるのではないかと、ということだ。商店街の魅力の1つも歴史や過去であるが、代を越えた伝承・営業という体現を通じて“商店街”をエクスペリエンスし続けている立石商店街に、日本人の幸福論を見出してしまうのは、私だけであろうか。
Photo_4
立石で60年以上営業を続ける「星菊水」。店主によると以前は出所後の阿部定も働いていたと言う。ランチの刺身定食(1000円)はオススメ。都心で食べたら2、3千円はしそうなほど新鮮でおいしい刺身が食べられます。

Photo_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

砂町銀座「魚勝」に見る商店街の「三ツ星商店」とブランド戦略

Photo_2
砂町銀座に行ってきた。十条銀座、荏原銀座と並び、東京3大銀座の1つといわれる江東区の商店街。以前から行こうと思っていたのだが、駅から遠いという理由で、何となく足が遠のいていた。
最寄駅としては、亀戸(JR総武線)、西大島(都営新宿線)、南砂町(東西線)などがあるが、いずれも駅からバスに乗る必要がある。その分、バスの種類は多く、錦糸町や両国、葛西などからもアクセスが可能だ。今回は、行きは西大島、帰りは両国を使った。
砂町銀座は、明治通りから丸八通りまでの670メートルに、180軒ほどの店がひしめく商店街。道幅は、3~5メートルほど。歴史的に昭和40年代半ばまで町工場や零細企業が多かったところで、その住民たちの相手の商店街として発展してきた。安い食料品や洋品、惣菜屋さんなどが軒を連ね、代表的な下町の商店街として、商店街ファンの間では有名な商店街である。毎月10日にはバカ値市が開かれる。
西大島からA4出口を出てすぐ左側にあるバス停からバスに乗り、約4分(バス停は3つ先)で、砂町銀座の入口に到着(トップの写真)。と同時に、ものすごい人の行列が伊右衛門家を迎えてくれた。魚の切り身や干物、野菜を激安で販売する「魚勝」。野菜売り場と魚(干物)の売り場の2方向にできた行列だけでなく、店の脇には鮭の切り身専門に販売する行列が。トップの写真の左に見える人だかりが「魚勝」の行列。

行列のできる“三ツ星”魚屋
魚勝は、砂町銀座を代表する魚屋さんで、商店街の入口の店舗のほかに、入口から100メートルほど入ったところに鮮魚専門の店舗がある(こっちが本家)。砂町銀座一の行列店として知られ、鮮度の高さと値段の安さが自慢。一般客に混じり飲食業者もこっそり並んでいるという情報もあり、ミシュランガイドの商店街版があれば、三ツ星間違いない鮮魚店でしょう。
営業時間は12時から16時までで、売切次第終了。到着したの12時過ぎだったが、その時点で店内は満員。行列は、50人ほど。早速、列に並ぶこと10分程度。中に入ると、魚の切り身や刺身の柵、かにや貝類、干物などが多数並んでいました。
この日のオススメは毛がに!!生きた毛がにが一杯980円。これは安い!入口にいた店員のおじさんが声を張り上げて、「この毛がには安いよ。他だったら1匹5000円はするのが、980円。買わなきゃ損だよ」と絶叫。
あと、他の店員がカレイが運んできたら、「このカレイも、他では絶対に手に入らないよ!魚勝でも年に数回手に入るか入らないかの代物だよ。ここにあるだけだから、早く持っていって!」と言ったら、みんな続々と買い物カゴへ。あっという間に、カレイが売切。
Photo_5

品質の良さと「安心」を売り込む魚勝のブランド戦略
この営業トークはうまいなぁと思いました。魚勝という鮮魚店としてのブランドを使いながら、魚の魅力、値段の安さを売り込む。買い物客も、「魚勝の魚なら」という安心感もあるし、これまでの長い歴史で信頼関係が築かれているのでしょう。
本当にこのカレイが珍しいのか、毛がにが安いのか、疑い出したらキリがないのですが、この人込みと営業トークの勢いプラス信頼感が加わったら買いたくなるのが人情というものでしょう。「食の安心・安全」の注目が高まる中、食品検査などを通じて「安全」を科学的に立証することができても、人の心や印象に左右される「安心」については、科学的な裏付けだけでは消費者は満足しないといいます。こうした捉えどころのない「安心」を1つの売りにして、ファンを増やしているのが高級ブランドですが、魚勝の商売もこれを似たような側面があると思いました。日本の老舗や商店街の長老的なお店は「ブランド」より「暖簾(のれん)」という言葉のほうがピッタリくる感じがしますが、いずれも品質の良さと長年の信頼関係による安心感によって支えられていることは間違いありません。
もちろん、砂町銀座という「地(商店街)の利」も見逃せません。ルイ・ヴィトンが銀座や新宿などにブティックを構え、ブランド力を演出しているように、鮮魚店もそれにふさわしい“場”が必要であることは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚屋は儲からない?儲かる魚屋の基本戦略は商店街にあり。

Photo

魚屋は儲からないという。特に、食品スーパーにおける鮮魚売り場は、“お荷物状態”のようだ。鮮魚は精肉と比べて、鮮度劣化が早い。刺身や切り身など店側で付加価値をつけなければならないため労働生産性も低い。海外での魚需要が増大しており、仕入れ価格も上昇傾向にある、などが主な理由だそうだ。
ただ、こうした状況の中でも、健闘している魚屋として、この記事では「魚力」が紹介されている。この魚力。いわゆる魚屋のチェーン店として、全国に35店舗を構え、駅ビルや百貨店に出店している。もともとのルーツは、立川の魚屋さん。そのため、商店街にある魚屋のような対面販売を重視している。
伊右衛門も、吉祥寺の駅ビルに入っている同店に行ったことがある。確かに子供のころ、近所にあった魚屋と同じような雰囲気や勢い、そして買い物客とのコミュニケーションが生まれていて、駅ビルの魚屋にしては珍しいなと思った記憶が。伊右衛門家は、魚はいわゆる魚屋さんでしか買わないのですが、ここは鮮度も高そうだったし、品揃えも充実して、価格もリーズナブルだったので、ブリの切り身などを買いました(これは我が家では実に珍しいことなんです)。
*ちなみにトップの写真は、魚力ではありません。紛らわしくてごめんなさい。

魚屋繁盛の秘訣
魚力の繁盛振りを見ると、鮮魚に対する消費者のニーズは非常に高いということができると思います。もちろん立地条件がよいことも1つの理由ではありますが、Photo_4 立地条件がよいところに出展する百貨店でも、ここまで賑わっている鮮魚売り場はそう多くありません。
この記事では、繁盛の秘訣として、
①対面販売による高い販売力
②店頭での魚の加工サービス
③高い仕入れ力による価格競争力
を挙げている。①を通じて、消費者に「魚の食べ方」を提案し、それに最適なよう  *これが魚力の様子。
に魚を加工してくれる。加えて、財布に優しい、となれば、夕飯の献立に悩む主婦の心をがっちりとつかむのは、想像に難くない。普通の商店街の魚屋さんでは、当たり前に行われている風景です。

減りつづける魚消費。その解決に向けて
ところで、近所のスーパーの鮮魚売り場を思い浮かべてみると、③は分からないが、①②とも欠けている。繁盛するわけがない。③は、魚屋をビジネスとして拡大していく上で欠かせない要因だが、①②については、手間がかかるだけで、価格に反映できないから、経営者としては極力コストをかけたくない。そのため、鮮魚売り場の“貧弱化”を招いているのではないか。
でも、だからといって全員が、商店街の魚屋さんにまで行くことはない。それゆえに魚の消費量も落ちているという。2007年の政府発表の「水産白書」によると、平成7年(1995年)と平成16年(2004年)の1人1日あたりの魚の消費量を比べると、どの年代においても消費量P070531_00_3 が減っている。白書ではその原因として、
・子供の魚嫌い
・価格の高さ(グラム単価は変わらないが、頭や内臓を除くと割高感を感じる)
・調理の面倒さ
・消費者ニーズの多様化への対応不足
を挙げている。これらの原因を一挙に解決するミラクルXはなく、地道に、時間をかけて解決していくことが必要ですが、魅力的な鮮魚を届ける“魚屋さん”が、その中心的なカギとなることは間違いないと思います。だって、新鮮でおいしいそうな魚があれば、日本人なら誰だって食べたくなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

商店街を見守る「猿の神」庚申塚

Photo
巣鴨と江戸川橋の地蔵通り商店街(巣鴨江戸川橋)がそうですが、商店街の一角に歴史的建造物があると、商店街の趣を一層高めてくれるものです。
巣鴨の地蔵通りなら、言うまでもなくとげぬき地蔵を祀る「高岩寺」ということになるかも知れませんが、個人的には、商店街の外れにひっそりと佇む庚申塚の方が落ち着いた雰囲気でオススメです。すぐ近くを都電が走り、Photo_2 日々の忙しさから解放されたような気持ちになります。
このあたりは、江戸時代から江戸と板橋宿を行き交う旅人の休憩場として賑わっていた地域で、1657年に庚申塚の象徴である石塔が建てられたそうです。また、1502年に造立された石碑もあったそうですが、今は庚申塚の下に埋められている“らしい”です。この塚の上に石塔を建てるのが庚申塚の特徴で、またの名を庚申塔と呼びます。巣鴨だけでなく、全国的に分布しているようで、特に相模に多いようです。
トップの写真を見てもらえると分かりますが、猿田彦大神とあります。これは、庚申塚の「申」が干支で猿に例えられるから、庚申信仰と結びついて、猿が祀られるようになったそうです。「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿が彫られている庚申塚もあるようで(写真は神奈川県藤沢市伊勢山公園の庚申塔)、Photo 「見ざる、言わざる、聞かざる」といえば日光東照宮の専売特許と思っていたのですが・・・。勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)